今は様々なテンプレート集がある。
年賀状やワードやエクセルなどで使うビジネスフォーム、冠婚葬祭や時節の挨拶の文例などもテンプレートの一種である。
こうした一般的なものに加え、以前なら専門業者などの間でしか流通していなかったテンプレートも、今では簡単にインターネットからダウンロードできるようになった。
会社案内作成テンプレート集も、主に印刷業やデザイン業で使っていたものであるが、これを使えば素人でも会社案内のパンフレットを作成できるという。

やり方は簡単だ。
テンプレートの素材が置いてあるサイトで、気に入ったテンプレートを複数ダウンロードして必要事項を記入し、プリントしたものを組み合わせたり、切り貼りする。
出来たものを印刷屋に持っていく。
これでOKである。
(すべてを一から自分で作るとなると、それなりのソフトが必要となり、デザインや印刷の知識も必要となるが)非常に没個性的になるであろうが、一応素人でも会社案内のパンフレットを作成できることはできるわけだ。

とはいえ、会社案内は会社宣伝の基本媒体のひとつである。
いくら安上がりになるからと言って、自前で作成しようとする人はさすがに多くはないだろう。
大部分は専門のデザイナーや印刷の専門業者に受注することになる。
だがそうした場合、自分たちが意図した物を作成してもらえなかった、ということもあるので、業者との事前の打ち合わせは綿密に行う必要がある。
なかにはデザイナーが前衛的過ぎて、会社案内のパンフレットとは思えないものを作られた、ということもあるそうだ。

2011-02-02カテゴリ『会社案内』. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply